なぜこの32成分なのか ミネラル

前回は、ビタミンをご紹介しました。
今回は、ミネラルについてご紹介します。
必要なミネラル13種のうち、3種ナトリウム、リン、ヨウ素は過剰摂取に気を付けたい栄養素です。
ナトリウム(塩分)は言うまでもありません。
リンも多くの加工食品に含まれており、さらにカルシウムの吸収阻害にも働くため過剰摂取に注意が必要な栄養素です。
ヨウ素は海藻類に豊富なため日本では食事で充分摂取が可能で不足リスクが低い栄養素です。
一方で、亜鉛、鉄、カルシウム、マグネシウムなどを含む残り10種は、代謝などにとても重要な栄養素であるとともに、食生活の乱れ、発汗や、激しい運動、ストレスでは体内での消耗リスクも高まるため特に不足への注意が必要で、サプリメント摂取がおすすめの栄養素です。
ミネラルのサプリメント摂取で意識したいのは、まずバランスです。
10種がまんべんなく含まれているか、体内のミネラルバランスを整えることが大切です。ビール酵母は自然のミネラルバランスがおすすめポイントです。
次に吸収率です。
カルシウム、鉄などミネラルは胃腸の状態など吸収率の低下に気を付けたい栄養素です。
吸収率を高めるオリゴ糖を一緒に配合したり、カルシウムの中でも最も吸収率の高い乳カルシウムを配合することで吸収率を高める工夫も大切です。


次回は、食事摂取基準に設定されている栄養素以外にも、普段意識して摂取したい機能性成分についてご紹介します。