なぜこの32成分なのか ビタミン

前回、栄養コンディショニングに必要な成分の種類をご紹介しました。
たんぱく質、脂質(ω6脂肪酸、ω3脂肪酸)、炭水化物(糖質)、食物繊維、ビタミン13種、ミネラル13種です。

今回は、ビタミンについてご紹介します。
ビタミン13種のうち、サプリメント強化のおすすめ成分は、ビタミンB群8種、ビタミンCです。
この9種は、水溶性ビタミンと言われています。
体内に貯蔵することができないため、毎日適量を摂取する必要があります。
また、その名の通り、水に溶けやすい性質のため、例えば調理中に成分が失われてしまうなどのリスクもあります。
さらに、激しい運動やストレス、飲酒、喫煙などによる体内の成分を消耗してしまうリスクもあります。
ですからこれらの成分は食事を意識しつつ、サプリメントも上手く利用することがおすすめとなります。

一方で、残りの4種、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKは、脂溶性ビタミンと言われています。
これらは体内に貯蔵することが出来るため、食事で充足させることが比較的容易なビタミンです。
毎日摂取しなくても、例えば数日に1回まとめて摂取することも可能になります。
この4種の気を付けたい点は、体内で貯蔵可能=過剰リスクが起こりやすい点です。
特にサプリメントでの摂取はリスクが高まります。

このような理由から、プロバランスドプロテインのビタミン配合は、水溶性ビタミン9種+ビタミンE=10種としています。
ビタミンEはビタミンCと一緒で相乗効果に働くことから、過剰リスクにならない量をプラスアルファとして配合しています。
そしてビタミンA、D、は食事の摂取意識をすすめています。

次回はミネラルについてご紹介します。